中坊進二が多種多様なポテチを紹介します


中坊進二はそこまでポテトチップスを食べません。
あったら食べますが、好き好んで食べることはしません。
それゆえ、いまどんな種類のポテチが売っているかも、
中坊進二は全然把握していません。
分かるものでしたら、のりしお、うすしお、コンソメくらいでしょうか。
でも、もっと色々な味のポテチも売っている筈。
そこで今回中坊進二は、
どんな味のポテチが登場しているのかを調べてみることにしました。



まず、中坊進二がよくお世話になっているカルビーですが、
通年で売っているのは、上記の3つと併せてフレンチサラダ、
梅味、しあわせバタ〜、味わいしお味、深いチキンコンソメ、
油分ひかえめうすしお味の計10個。
中坊進二は、しあわせバタ〜以外見たこともありません。
本当に売っているのでしょうか?
地域限定だと、関西だししょうゆ、かき醤油味、
博多めんたいこ味など、かなり種類が豊富です。
コンビニ限定の商品もあるみたいです。



辛さを求めるなら、カラムーチョがありますよね。
辛いのが苦手な中坊進二はめったに食べませんが、
人によってはこの辛さが病み付きになるかも。
しょっぱいポテチに飽きてくると、
こうした刺激物を求めたくなるものなのでしょう。
でも8倍カラムーチョはかなり危険です。
用法容量を守って正しく食してください。



甘いのもあります。
パインアメ味のポテチ、中坊進二ちょっと気になります。
酸っぱくてジューシーと評判ですが、
実際のところどうなのでしょうか?
中坊進二はまだ食していないので味の感想は分かりませんが、
かなり既存の常識をぶち破ったポテチだと思います。

ポテチは料理にも使えます。
シーザーサラダドレッシングで
よくクルトンが載っていると思いますが、
それの代わりに砕いたポテチをまぶすのはいかがでしょうか。
中坊進二が先日訪れたビビンバ専門店では、
調味料として砕いたポテチが掛け放題でしたよ。
どれくらい載せればいいか分かりませんでしたので、
その時は控えめにしましたが、
ポテチ好きの方は大量にビビンバに投入しても良いかもしれませんね。



そんなポテチの最大の欠点は、太ること。
手軽に食べられるので、ダイエットをしている方には大敵でしょう。
あと、パソコンのキーボードが油で汚れる。
器用な同僚は箸を使ってポテチを食しています。
そんな風にポテチを食べる人、中坊進二初めて見ましたよ。
でも流石に袋の内側をペロペロすることはしませんでした。
やはり人の目があると、そういうのはしたくありませんよね。