くろたまジャムについて調べる中坊進二


「くろたまジャム」という名前だけ聞いて、
どんなジャムを思い浮かべますか?
中坊進二は全く思い付きません。
正直、秋子さんが作った謎ジャムに匹敵すると中坊進二は思います。
原材料を聞いても、謎が深まるばかりです。
「玉ねぎ」「黒酢」「黒砂糖」でどうすればジャムが出来るのでしょうか?
「ごはんのお供を作る」と言われた方が、中坊進二は信じます。



「くろたまジャム」の作り方ですが、
玉ねぎをレンジで加熱して全部ミキサーで撹拌して再び加熱して完成です。
詳細に関しては他の方のブログをご確認ください。
まろやかで甘いと評判ですが、中坊進二には想像できません。
パンに塗ったり、カレーに入れたり、ヨーグルトに入れたり、
カルパッチョとして使ったり、用途は色々あるみたいです。
「くろたまジャム」を使ったスムージーがオススメみたいですが、
本当にどんな味がするのか、中坊進二の理解を遥かに超えています。
高血圧防止、便秘改善、老化防止など、
黒酢や玉葱としての効能がふんだんに含まれていますので、
健康や美容をお考えの方は是非、作ってみてください。
ほかにも、ニンニクを使った「にんたまジャム」、
ショウガ(ジンジャエール)を使った
「じんたまジャム」なんかもあるそうです。



ゲテモノジャムというのもありますが、
本当にゲテモノなので中坊進二は1ページ目で調べるのを放棄しました。
原材料が本当にヤバイので、検索厳禁です。
興味本位でも調べないでください。
お願いします。マジで。
少しオブラートに包み「変なジャム」を調べたところ、
インドネシアの「トラックアンギン」
かなりユニークだと中坊進二は感じました。
フェンネル、クローブ、ショウガ、ミント、ハチミツなどなど。
なお、ジャム(液体)ですが用途は薬です。
吐き気や眩暈、風邪を引いた時にお使いください。
1袋20円と、かなり安いです。
錠剤で売られているものもありますよ。

やはりジャムは国産フルーツに限ります。
イチゴ、みかん、ブルーベリー、レモン、アンズ、モモなどなど。
果実入りの自家製ジャムが良いですよね。
母校の文化祭で良く売っているので、
中坊進二は毎年買いに行っていますよ。
ひとつ500円とちょっとお高いですが、
中坊進二は結構気に入っています。
ちなみにそのジャムの用途は、パンに塗るか、
ヨーグルトに投入するかの2パターンです。
カレーに入れたり、カルパッチョにしたりはしません。
あんまり変なことに挑戦しても、味の調和を乱すだけなので、
シンプルに使うのが一番だと中坊進二は考えています。