京都のスイーツを堪能する中坊進二


京都府福知山市にて、スイーツ展が開催されました。
福知山市は自身を「スイーツのまち」と自称するほど、
市内には多くの洋菓子店、和菓子店があります。

正式名称は「丹波福知山スイーツフェスティバル2015」と言い、
商店街自慢のお菓子やお茶が振る舞われました。
また、福知山だけでなく、京都近隣の各市町村からも店舗が参加し、
総勢29店もの大規模イベントになりました。

中坊進二はそこまでスイーツに詳しくありませんが、プリンは大好物です。
ケーキも美味しいのですが、生クリームを大量に食べるのはちょっと苦手です。
プリンには、しつこい甘さはなく、カラメルと適度に絡めることで、
非常に優しいフワフワした食感が楽しめます。
このスイーツフェスにもプリンが出店し、中坊進二は食べに行きました。
京都駅から福知山駅までかなりの距離がありましたが、
それだけ苦労した甲斐はあったというものです。
プリンではありませんが、開場して1時間と経たずに
売り切れてしまった人気店もあったそうです。
試食コーナーもありましたよ。

京都の福知山がスイーツのまちと呼ばれている所以は、
やはり良い素材がたくさん入手しやすいからかもしれません。
中坊進二が好きなプリンを作るのに欠かせない卵と牛乳を、
ココでなら良質な物がたくさん手に入れられるからだと思います。
フルーツ類も福知山市内およびその付近にてたくさん栽培されていると思います。

春にもこの地にて開催されるみたいですので、今から中坊進二は楽しみです。