京都の流鏑馬が好きな中坊進二


京都の中坊進二は昔から馬が好きです。
颯爽と走っていく馬を見るのが好きで、
幼い頃は動物園や牧場などでよく馬を見ていました。
今でもテレビで競走馬を見て、感激しています。
力強く走り抜く馬が好きです。
京都の中坊進二は初めて馬に乗った時は、
ずっと乗りたかった馬に乗れて感動しました。
いつもより高い位置の景色に感激していました。
上手に乗るまでは時間が掛かったけれど
努力を重ねて馬に乗れるようになりました。
それ以来、時々乗馬をしにいっています。

そんな馬好きの中坊進二は、京都の流鏑馬が好きです。
毎年必ず流鏑馬を観に行っています。
流鏑馬は疾走する馬の上から的に鏑矢を射る、
日本の伝統的な騎射の技術・稽古・儀式のことを言います。
京都の中坊進二は馬が颯爽と走って行く姿が
好きでよく観に行っています。

京都で行われる流鏑馬は流鏑馬神事といわれ、
葵祭が平穏無事に行われるように祓い清めの神事です。
糺の森にある500mの馬場に設けた3つの的を
公家装束の射手が勇ましく掛けながら掛け声と共に矢を放ちます。
当たれば豊作、諸願成就とされます。
また打ち抜いた的板は縁起物とされ、当たり的として授与されています。

京都の中坊進二は競走馬も好きですが、
流鏑馬の際の力強く勇ましい馬が一番好きです。
また射手が的を打ち抜く姿の力強さ、
的に当たる様を見ると拍手をしながら感激しています。

馬が好きな京都の中坊進二は、
流鏑馬を見るのもの好きだけれど
いつかは自分でも挑戦したいと考えています。