京都のデカ盛り巡りをする中坊進二


テレビや雑誌、インターネットでも取り上げられているのが「デカ盛り」です。
デカ盛りは不思議な魅力があり、数々の人々を惹き付けています。
京都の中坊進二もその1人です。

京都は京風料理や味付けが薄い、上品な食べ物のイメージがあります。
ですがそれ以外のグルメも豊富にあります。
京都にはデカ盛りメニューもたくさんあり、
中坊進二は京都のデカ盛り巡りをすることを学生時代から趣味にしています。

京都の中坊進二曰く、デカ盛りの魅力は「リーズナブルな料金でお腹いっぱいになる、
盛り具合を見るのが好き、完食すると達成感がある」ということがあるそうです。
学生時代はお腹が減っているけれどお金がなく、
いかにお財布に優しく美味しいものをいっぱい食べられるかが、
京都の中坊進二の食事の際のメインテーマでした。
そんな中で、カツ丼や天丼などのデカ盛りを食べていくうちに、
どんどんデカ盛りに魅了されるようになりました。

今ではテレビや雑誌、インターネットで数々特集を組んでいるので
情報がたくさん手に入って嬉しいと京都の中坊進二は思っています。
それらのお店を休日に行くのが彼の趣味の一つです。

京都のデカ盛り巡りを中坊進二がする際は、必ずコンディションを整えてから行きます。
その日の夜は予定をいれず、デカ盛りを食べることに集中します。
すきっ腹にはせずわずかに食事をし、デカ盛りに挑んでいます。
コンディションを整えることで、味と一緒に完食の達成感を味わっています。
最近京都のデカ盛りの中で中坊進二が気に入ったのが、
様々なお刺身が乗った海鮮すし丼です。
まぐろやたこ、えびなど色んなものが食べられて満足しました。
これからも様々なデカ盛りに挑戦するそうです。
デカ盛り巡りは新たな京都の魅力なのかもしれません。