中坊進二も好きな京都の川


辛いことや悩みがあると、海を見に行く方は多いと思います。
京都の中坊進二は辛いことがあったり悩み事があると、
海よりも身近な京都の川を見に行っています。
学生時代から中坊進二は何かで悩むと、
京都の川をぼーっと眺めていたそうです。
川の流れや風景、川に流れているものを見つめていると
だんだんと日頃の悩みやストレスを忘れ、気持ちが切り替わって行ったそうです。
京都の中坊進二は、「自分は川に救われたようなものだ」と豪語しています。

今でも中坊進二は仕事で行き詰ったりすると京都の川を眺めています。
川を眺めていると今でもいい気分転換になり、
身体に自然なパワーを浴びたような気持ちになって、
仕事の活力をチャージしています。
また大人になってからは川を眺めることに加えて、川床を楽しんでいます。
中坊進二がよく行くのが、京都の貴船の川床です。
夏場に行くと涼しく、非常に気持ちが良いそうです。
京都の中坊進二がお気に入りなのが川床料理です。
川を眺め自然を感じながら食べる川床料理は、
夏の楽しみの中でも一番好きだそうです。
新鮮な鮎をはじめとした川魚や、
川床で飲むビールがたまらなく美味しいそうです。
そのため京都の中坊進二は毎年必ず1回は訪れるようにしています。

中坊進二は京都の川からパワーを貰ったり、リフレッシュをしています。
そうやって気分転換をしています。
日常生活に疲れた方は、
京都の川に訪れてリフレッシュするのもいいかもしれません。
涼しさを感じ心が洗われ、パワーがもらえますよ。