中坊進二も愛用している京都の手ぬぐい


顔や手を拭く際に多くの方が使われるのはタオルです。
値段も安く色んなところで使えるので、タオルは勝手もいいです。
京都の中坊進二もタオルは使っています。
ですがタオルだけでなく愛用している京都の手ぬぐいもあります。

中坊進二が愛用している京都の手ぬぐいは、永楽屋のものです。
季節に応じた柄や舞妓の柄、
コラボレーションしたものなど様々な種類があります。
中坊進二は京都の永楽屋の手ぬぐいを昔から愛用しています。
物心付いた時から手ぬぐいを使っていたので、
むしろ手ぬぐいのない生活は考えられないと話していました。
そのくらい京都の中坊進二にとって手ぬぐいは身近な存在だったようです。
その時に習慣もあってか、今でも手ぬぐいを使っています。
京都の中坊進二曰く、手ぬぐいを使っていると
日本の心に常に触れているような感じがあるからこそ
今も愛用されているそうです。

中坊進二が外国人の友人のために京都を案内する際は、
必ず永楽屋の手ぬぐいを紹介しています。
友人達は永楽屋の手ぬぐいの様々な柄に惚れ込み、
よく手ぬぐいを買っているそうです。
たくさん買っていくのを見て、密かに嬉しくなっています。

現在では色んな便利なものが溢れています。
ですが京都の中坊進二のように
日本の心を感じさせるものを持っておくのも良いですね。
京都に訪れた際は、
自分のお土産用に手ぬぐいを買って帰るのもいいかもしれません。
中坊進二も愛用している京都の手ぬぐいならバリエーションも豊富なので、
自分に合った手ぬぐいが見つかるはずです。