京都の中坊進二も楽しんでいるサッカー鑑賞


メジャースポーツの一つのサッカーは、様々な地域にチームがあります。
中坊進二も住んでいる京都には京都サンガF.C.があります。
京都の中坊進二は地元チームということで力を入れて応援しています。
そのきっかけは、初めてスタジアムで試合を見た時のことでした。
それまでは地元チームだから密かに応援しているよ!
という軽いスタンスでの応援でした。
友人に京都サンガF.C.の試合を誘われた中坊進二は、
「地元チームだから1回くらい試合を見に行くか」
という気持ちでスタジアムに足を運びました。

着いた席は熱心なサポーターたちのいる席でした。
静かに見たいと思っていたようですが、
試合が始まり応援歌を歌い始めてからすっかり楽しくなったようです。
最初は恥ずかしがっていたものの、
周りの雰囲気に釣られて歌っているうちに地元である
京都の名前を連呼することに気持ちよさを感じたようです。
すっかり中坊進二も京都サンガF.C.のサポーターになり、
選手の一挙手一投足を見守っていたそうです。

京都の選手がゴールを決めた瞬間は、
中坊進二は言い表せない快感を味わったそうです。
タイミングよく目の前でゴールを見れて、
物凄く興奮していたそうです。
それまでは無関係だった隣の人たちと
ハイタッチをして喜びを分かち合っていくうちに、
一体感も味わったそうです。
中坊進二は最初に見た試合で見事勝利したので、
すっかりサッカー鑑賞にはまり、力を入れて応援するようになりました。

それ以来、友人と一緒に中坊進二は京都サンガF.C.の応援に行っています。
今ではユニフォームやタオルマフラーも揃えているそうです。
ゴールの瞬間に興奮し、ハイタッチによる一体感がたまらないそうです。
何よりも地元の名前を連呼して応援するのが楽しいと
京都の中坊進二は話していました。