中坊進二もよく食べる京都のかき氷


夏の京都は非常に暑いといわれています。
四方を盆地に囲まれた、
観光地の集中している南部は暑いとされています。
山が壁となり、空気の循環が悪くなるため京都の夏は蒸し暑いのです。
中坊進二も京都の暑さに毎年苦戦しています。
ですが開き直って、暑いからこそ楽しめるものを存分に味わっています。
その一つが、中坊進二も夏によく食べているかき氷です。

中坊進二がよく食べているかき氷が、
京都のページワンというお店のかき氷です。
このお店の一番の特長は、器も氷で出来ているところにあります。
京都の中坊進二は器も氷だからこそ、
見ただけでも涼しさを感じられていいと褒めています。
見た目のよさだけでなく、
器が氷なのでかき氷が解けずらいというのもいいそうです。
少し時間が経ってもシャキシャキな状態で食べられます。
京都の中坊進二が好きなかき氷は、生絞りイチゴです。
輪切りにしたイチゴも美味しく、
ちょっとした贅沢な気分が味わえるのがたまらないそうです。

夏が非常に暑い京都だからこそ、
かき氷が何倍にも美味しくなると中坊進二は話していました。
他の地域よりもうんとかき氷を堪能できるのが京都だそうです。
京都の中坊進二は夏になるとよくページワンのかき氷を食べて、
暑さを忘れ体の中から涼しさを味わっています。
普段は辛い京都の暑さも、
かき氷を思えば許容できると中坊進二は語っていました。

夏に京都に訪れる際は観光地だけでなく、
かき氷のお店も押さえて暑さをしのぐのがいいかもしれません。