おでんを愛する中坊進二


冬の風物詩といえば、おでんです。
冬の寒さで冷えた体は、
おでんを食べることで身も心も温めてくれます。
中坊進二はおでんを愛しています。
冬になるとかなりの頻度でおでんを食べています。
やはり寒さが身に染みる時に
おでんを食べるのが一番いいと中坊進二は思っています。
そのため、冬になると冷蔵庫には
必ずおでんパックをストックしています。
手早く色んなものが食べられるので、
おでんは中坊進二の冬の生活において「欠かせない存在だ」と語っています。

中坊進二はコンビニのおでんも良く食べています。
コンビニでおでんを買う際は、
大根をはじめメジャーなタネとあまり食べないものを入れて、
おでんを楽しんでいます。
メジャーどころは抑えつつ、新たなタネを開拓していくのも楽しいとの事。
出汁は多目に入れてしまうのは、中坊進二の癖だそうです。

また、冬に京都を訪れた際は、必ず夜はおでん屋に立ち寄るそうです。
店主と会話をしながら食べる京都のおでんは、
中坊進二にとっては最高にいいそうです。
京都に訪れた際は、たくさん歩いてある程度
体を冷めさせてからおでんを食べる時もあるとのことでした。
それくらいおでんが好きな方です。

中坊進二も好きな京都のおでんは鰹と昆布の出汁を使い、
牛筋などを煮込むことで出汁に旨みをプラスします。
季節の野菜や豆腐などに出汁が染み込んで
非常に美味しいと中坊進二は語っています。
淡口醤油を使うので色は白くても、
味はしっかりしているのが京都のおでんです。
お店によって味もタネも違うから、
京都のおでんのお店はそれぞれに個性があって楽しいそうです。
美味しいおでんであったまるだけでなく、
自分のお気に入りの店を見つけるのも楽しいとの事。

おでんを愛する中坊進二の楽しみ方、真似してみるのも良さそうですね。