中坊進二の睡眠対策


昼休み後の授業が眠くなる、
または仕事が眠くなると感じる人は多いと思う。
その原理は科学的に解明されており、
食事を消化するエネルギー(酸素)を胃に供給することで、
脳に十分に酸素が行き渡らなくなるからと言われている。
それゆえ、多くの学生が授業を居眠りし、
多くの社会人が苦いコーヒーを飲んで凌いでいる。
こうした眠くなる問題は一種の社会問題でもあるので、
色々な対策が世に登場している。
その中で中坊進二の取る対策が「ホットアイマスク」だ。
以下、詳しく解説する。



ホットアイマスクは薬局で取り扱っている。
商品名こそ色々とあるそうだが、
5枚入りで大体400円ぐらいだと中坊進二は言う。
特売を狙えばもっと安く買えるそうだ。
使い方は、シール状になっているアイマスクのシールを剥がして
目元にペタっと貼るだけ。
それで10分放置すれば眠気サッパリらしい。

今の世にホットアイマスクがどれだけの種類が登場しているかは分からないが、
中坊進二が所持しているのは「ホットオイルアイマスク」という商品だ。
商品裏の説明書を読まして貰ったが、
スクワランオイルとホホバオイルが配合されているらしい。
ちなみに無香料なので匂いはしない。



こうしたホットアイマスクがなぜ目に良いかは記載されていなかった。
調べれば分かることなのでわざわざ商品パッケージには
記載しないだけなのかもしれないが、
とりあえず「頑張りすぎた目に付ける」と効果があると思われる。
直接的な効果を記載しないのは、薬事法に抵触するからかもしれない。
ダイエットも患部を温めると効果があるらしいので、
きっと近い効果があるのかもしれないと私は考えている。

試しに1枚中坊進二から貰ったが、ほどほどな効果が感じられた。
しかし、オフィスで変な柄のマスクを付けて上を向いている人が居るのは、
もしかしたらシュールな光景かもしれない。
そういう意味で使いどころを選ぶ睡眠対策グッズだ。