中坊進二さんがすすめる京都で体験する和菓子作り


様々な観光名所のある京都。
中坊進二さんは、観光の際に京都で体験が出来る場所に
行く事も楽しみ方の一つと考えています。

例えば、和菓子作りです。
和菓子の老舗の「七條甘春堂」では、
町家で和菓子作りの体験が出来ます。
こちらでは職人さんが和菓子を美しく作るためのコツや、
手の使い方などを一つ一つ丁寧に教えてくれます。
出来上がった和菓子は自分で点てた抹茶と
一緒に食べることが出来ます。
お土産として持ち帰ることも出来るため、
京都に来た際は是非行ってみて欲しいと中坊進二さんは考えているそうです。

和菓子作りの体験する場所は、
七條甘春堂7代目党首が創設した茶室である「且坐喫茶」で行います。
まずは職人さんのお手本を見学します。
京都の楽しみ方を知る中坊進二さん曰く、
職人さんの技を見られるのは貴重な経験だそうです。

次に、実際に作ります。
こちらで作ることが出来るのは3種4品です。
和菓子の形は、体験する四季によって様々です。
春なら桜や菜の花、夏にはアジサイなど
季節を感じられるものに挑戦出来ます。
手のひらや指を使い、力任せに扱わず丁寧にお菓子を作っていきます。
そうやって出来上がった和菓子を、茶室で食べることが出来ます。
抹茶は店員さんに手ほどきを受けながら、自分で点てます。
趣の在る空間で、至福の時間を楽しめます。

和菓子作りは、和菓子を作るだけでなく非日常的な体験も出来ます。
京都へ観光に来る際は、中坊進二さん曰く
こういった体験もして欲しいそうです。
いつもとは違う体験は、刺激があって楽しいそうですよ。