中坊進二の犬もドッグガーデンで遊びたい


街中で犬の散歩する場合、リードは必須になります。
犬がいきなり人を襲うかもしれませんので、
それをさせないためにもリードは必須です。
中坊進二が飼っている犬の場合、
どちらかといったら車に轢かれないようにするためとも言えます。
リードをしていようが、知り合い(人間)に合ったら、
犬は果敢に飛びかかり、
相手もそれを見越してしっかりと受け止めてくれます。
むしろ、飛びかかるのを期待して待っている感じです。



なお、中坊進二の犬は、他の犬が大っ嫌いの様子です。
ワンワン吠えて、よくケンカしています。
統計とかあまり取りたくないのですが、
ご近所の犬の半分は苦手だと中坊進二は思っています。
中坊進二は二匹の犬を飼っていて、その親子同士は大丈夫なんですが、
どうも他の犬には敵対意識を持っているのか、
怯えているのか(犬の行動原理によると弱い方の犬が吠えるらしい)、
あまり仲良くが出来ないのです。

調布にてドッグガーデンが出来た模様です。
中坊進二の家から大分離れているため、
気軽に通うことは出来ませんが、こうした施設があれば、
中坊進二の犬たちも悠々自適にストレスを発散できるというものです。
ここではリードを外して自由に遊ばせられますので、
犬としてはかなり良いかもしれませんね。
ちなみに有料の施設で、犬一匹ごとに100円です。
人間は、大人300円になります。
しかし、中坊進二は他の犬がとても苦手です。
こうしたドッグガーデンで放し飼いにしたら、まずケンカになります。
そして負けると思います。



弱い犬ほど良く吠えるとは言いますが、
中坊進二の犬が勝てるポイントは逃げ足だけかもしれません。
幼少期の頃から走らせまくりましたので、
ダッシュ力に関しては定評があります。
ちなみに、獣医的には生後3ヶ月以内に
走り回らせない方が良いそうです。
肉体的にダメというよりも、走るのが趣味になって、
家の中でも爆走するようになるそうです。
現に今も爆走しています。
家の中で球遊びをしていると時々、ブレーキのタイミングを間違えて、
テーブルの足に頭をゴチンとしています。