中坊進二のシチューの秘密


中坊進二が最近気になることとして、
クレアおばさんのシチューの秘密があります。
果たしてどんな秘密があるのか、
気になって中坊進二は夜も眠れません。
野菜と丸鶏をじっくりじっくり煮込むだけで、
あれほどの味を生み出せるものなのでしょうか。
バターや生クリームなど、
何かしらの隠し味が使われているかもしれません。



中坊進二の家のシチューは基本に忠実です。
具のレパートリーはCMと同じ、
鶏肉、ニンジン、ジャガイモ、ブロッコリーです。
あと玉ねぎも入れています。
それ以外の変わった具材は、特に入れていません。
この前、中坊進二の田舎から
大量に送られてきたカブを入れてみましたが、あまり合いませんでした。
シメジも挑戦してみたんですが、そこまで美味しいものでは無かったです。



でも、ベーコンは合いますね。
鶏肉が無い時はよくベーコンやウインナーで代用していますが、
これらの肉類もそれなりに合う感じです。
でも冬に食べると直ぐに冷めるのが難点ですよね。
よそって、ちょっと5分放置しただけでかなりぬるくなってしまいます。
その場合は電子レンジでチンしますが、意外と味が変わりません。
でもあんまり放置しておくと、テーブルの上に犬が乗っかって、
食べられてしまうんですよね。

シチューのレパートリーはかなり豊富だと思います。
こうした煮込み料理は世界中にあり、
それぞれの地域で取れる食物で作ることが多いです。
豚肉を使ったり、キャベツを使ったり、マッシュルームを使ったり、
トウモロコシを使ったり、色々あります。
クリームシチューだけでなく、ビーフシチューも人気ですよね。
トマトを溶かしこんだ、トマトクリームシチューというのもあるみたいです。
中坊進二もちょっと気になります。



シチューは簡単な料理の代表格とも言えそうです。
中坊進二は市販のルーを使いますが、
使わずとも美味しいクリームシチューを作ることは可能です。
牛乳と固形ブイヨンを使って、とろみがつくまでしっかりかき混ぜます。
ルーを切らしたら、こうした作り方に挑戦するのも良いかもしれませんね。