中坊進二は献血をする


献血を義務化しようという考えは多くの方にあるかもしれませんが、
中坊進二としては、まず健康な人を増やすべきだと考えています。
献血を義務化できない理由のひとつに、
不健康な人が集まってしまう恐れがあるそうです。
そうした方を除外するのはかなり面倒です。
中には病気歴を正しく申告しない方もいるかもしれません。
自ら自信持って健康だと自負した方が献血に来るからこそ、
安全な血のみを集めることが出来るのです。



献血の条件は結構厳しいです。
中坊進二は高校時代に受けようとしたら、
まさかの体重制限に引っかかりました。
45kg未満の方は献血って受けられないんですね。
あと、献血が可能な年齢は16歳以上です。
ほかにも最高血圧、血色素量、血小板数など、
細かい条件がいくつもあります。

献血は善意によって成り立っているシステムです。
血を抜かれることは基本的にデメリットしかなく、
またそのための時間も拘束されるため、
好き好んでいく方は少ないかもしれません。
そのため、献血センターはあらゆるサービスを展開しています。
一番ポピュラーなのは、ジュースを配っていると思います。
中坊進二もよく献血に行って紙パックジュースを貰ってきました。
中にはお菓子を貰えるところもあるみたいですね。



でも、血を抜かれたんですから、
ホウレンソウやレバーが欲しいと中坊進二は思います。
鉄分のサプリメントとか配ってくれないものでしょうか。
献血センターの場所によっては、
かなり豪華なお菓子を貰えるところがあるみたいです。
ハーゲンダッツをくれるところは、かなり気前が良いですね。
中にはマッサージなどのサービスを利用できるところもあるそうです。
そういえば、秋葉原かどこかで、
献血したらアニメのポスターをもらえると
中坊進二は聞いたことがあります。



献血が終わったら、安静にする必要があります。
ジュースやお菓子を配っているのは、
脱水や貧血で倒れないように栄養補給させる意味合いがあるそうです。
献血カーでは難しいですが、
センターで血を抜いた場合は
しばらくそこで横になるのも良いかもしれませんね。
中坊進二も献血後は、しばらくその場所で安静にしています。