中坊進二の花粉症対策


そろそろ花粉のシーズンが到来します。
地域と花粉の種類によって時期に差がありますが、
大体2月〜5月は花粉のシーズンになります。
中坊進二はまだ花粉症にはなっていませんが、
こうしたものはいつなるか分かりません。
ある日気が付いたら、花粉症になってしまうということも、
無きにしも非ずです。
ただし、その可能性は少し低いと中坊進二は思っています。
花粉症の掛かりやすさ、
もしくは花粉への耐性能力は高い確率で遺伝します。
両親、祖父母が花粉症でないのなら、
高確率で自身も花粉症でない可能性が高いです。
中坊進二の親族はみんな花粉症に強いので、
中坊進二もたぶん大丈夫だと楽観視しています。



しかし花粉症を発症している人たちからしたら、
早急に何とかして欲しいと思っているはずです。
その対策の一環として、
無花粉スギ・無花粉ヒノキへの植え替えが検討されています。
スギやヒノキを一気に伐採すると、
そこから土砂災害が発生してしまいますので、
代わりに何かを植えないといけません。
そこで注目されているのが、花粉を飛ばさない品種です。
日本のスギ、ヒノキを全部この品種に変えることができれば、
ほとんどの方を花粉症の苦しみから解放することが出来ます。
全部の人ではないのは、
花粉の原因がスギとヒノキ以外の場合があるからです。
ブタクサなどの草本植物の花粉で花粉症になる方も居ます。

花粉対策は色々あります。
外ではなるべくマスクをして花粉を肺の中に入れないようにし、
帰宅する際も玄関外で衣服をはたいて花粉を落とします。
中坊進二も会社に入る前はこうしたことを行って対策しています。
室内には花粉を吸収する空気清浄器を稼働させたいところです。
画期的な治療法も登場しており、
レーザー治療にて花粉症を治すことが出来ます。
そもそも花粉症とは、アレルゲン反応です。
花粉に対して過敏に反応しているだけで、
その反応する部位を何とかすれば、鼻水で困らなくなります。
鼻の粘膜部分にレーザーを当てることで、
花粉症の悩みを開放するというものになります。



上野公園の国立科学博物館では、
花粉に関する展示を開催しています。
花粉の歴史や対策などがありますので、
気になる方は足を運んでみてはいかがでしょうか。
中坊進二も近い内に行きたいと思います。