中坊進二が食べる漬物の種類


中坊進二はたくあんを買う時、
輝くほど黄色いたくあんを買っています。
着色料たっぷりですが、
真っ黄色に輝くたくあんの方が美味しく見えるからです。
身体に悪いですが、
こうしたものってなかなかやめられませんよね。



こうした漬物は箸休めに食べるものから、
ご飯のお供にするものまでたくさんあります。
特に辛味と塩味が豊富なものが、
漬物に多いのではないでしょうか。
有名な漬物と言えば、からし高菜が人気です。
中坊進二も良く買って食べています。
あの独特の辛さがご飯によく合いますので、
思わずお代わりしてしまう程です。
取り出す量を間違えると、
ご飯が足りないことが度々発生するのが難点ですよね。
箸休めで食べるものでしたら、
浅漬け系が中坊進二のお気に入りです。
白菜やキュウリあたりを良く食べています。
ただしそこまでたくさんの量は食べません。
箸休めなので、ちょっとで十分と中坊進二は考えています。
一食あたり、白菜一切れ、キュウリ一枚で満足です。



ほかにも有名な漬物はいくつもあり、
奈良漬が好きな方は多いのではないでしょうか。
中坊進二はあまり食べませんが、
あの独特な味が好きな方はそれなりに多そうです。
歯ごたえが良く、お茶漬けにして食べるのも良いそうです。
名産と言えば、秋田のいぶりがっこも有名ではないでしょうか。
たくあんと何が違うのか中坊進二は全く分かりませんでしたが、
その名の通り「燻った」ダイコンのたくあんになります。
ちなみに「がっこ」は秋田弁で漬物を意味します。
食べた感想としては、結構噛みごたえがありました。
味に関しては、普通のたくあんよりちょっと薄い感じでしたよ。
いぶりがっこの種類によって違うのかもしれませんが、
少なくとも中坊進二がお土産として買ったものはそういうタイプでした。



こうした漬物は地域性があると言えます。
いぶりがっこのように、秋田でしか買えないものがあれば、
全国どこにでも販売されているメジャーなものまで多種多様です。
京都と言えばおばんざいが有名なので、専門のところに行けば、
京都ならではの漬物を見つけることが出来ますよ。