中坊進二の辛子明太子の食べ方


中坊進二は、朝はパン派なのであまり寄ったことがないのですが、
牛丼屋の朝食メニューが話題になっています。
とある牛丼チェーン店では、
辛子明太子の提供を朝食メニューとして始めるそうです。
ご飯、味噌汁、お新香、味付け海苔に辛子明太子がセットになって、
390円という価格になります。
辛子明太子単品で170円と意外と高いです。
それだけ良い辛子明太子を使っているということでしょうか。
あと、意外とボリュームがあります。



辛子明太子は、メーカーごとに意外と味が変わります。
産地自体が違うのか、中坊進二はメーカーによって好みが分かれます。
とりあえず、上野のアメ横で買った辛子明太子は、なかなかの大味でした。
量もあり、茶わん一杯では収まらない感じです。
いつもスーパーで買っているのは小さい(アメ横の4分の1くらい)ですが、
味が凝縮されているのか、中坊進二の舌にピッタリ合います。
辛さもちょうどいい感じです。



明太子のメーカーはかなり多いです。
そしてそれぞれで製法に違いがあり、味やしょっぱさがかなり変わります。
辛しにも違いがあり、人によってお気に入りの明太子が変わると思います。
昆布だし漬け、塩分控えめ、マイルド、程よい食感など、
色々なコンセプトがあり、どれも興味深いです。
無難に選ぶなら中辛の明太子がおすすめなので、
博多でお土産として買うならそれが良いですよ。
試食が出来るお店も多いですが、明太子を単品で食べるのはツライです。

食べ方のこだわりですが、中坊進二は明太子をウェルダンにして食べます。
人によっては全く焼かずに食べる人も居ますが、
中坊進二はこんがり焦げているくらいの明太子が好きです。
水分を完全に蒸発させて、めっちゃカラカラにするのがお気に入りです。