北陸新幹線の現在の様子を語る中坊進二


北陸新幹線のルートがようやく確定しましたね。
敦賀→小浜→京都→松井大手→新大阪のルートで確定するそうです。
京都府は2千億円も負担しないといけませんので、とても大変です。
京都府民である中坊進二としては全然ひとごとではありませんね。



こうした新幹線のルート増設ですが、
その区間を通る地域が潤うとは限りません。
京都府の考えでは、
「みんな素通りするので、京都府の観光収入にあまり繋がらない」そうです。
確かに、北陸地方の人たちは新幹線に乗って新大阪駅まで行きそうです。
一方で、関西の人たちはみんな新幹線に乗って北陸地方に行きそうです。
小浜駅で降りる方はほとんど居ません(そもそも小浜駅は福井県)。
小浜駅で途中下車して、
舞鶴の方に向かう方はもっと居ないのではないでしょうか。



ところで中坊進二は北陸新幹線の工事計画をほとんど知りません。
既存のレールを使うのか、それとも新しく作るのかも知りません。
多分、新しく作ると思っています。
既にあるのなら、ここまで大きく難航しなかったのではないでしょうか。
そしてその場合はどうやって作るのかもよく分かっていません。

京都市より北部は完全に山間地域で、
道路を新しく作るのにもかなり山を切り崩す必要があります。
新幹線を通る道を作るということは、
トンネルとかも新しく掘るということなのでしょうか。
北陸新幹線はまだ金沢駅までで、敦賀区間は2023年に完成予定です。
小浜駅や京都府駅まで延伸するのは、果たしていつのことになるのでしょうか。
このペースだと、2035年は越えそうな予感がすると中坊進二は思っています。

北陸新幹線が京都駅まで伸びれば、
中坊進二も北陸地方への旅行がしやすくなると言うものです。