中坊進二が歌声喫茶を紹介します


日本には色々な喫茶店があります。
そば粉スイーツを提供する「そばカフェ」
中々インパクトがありましたが、
他にも様々なユニークあふれる喫茶店は存在します。



最近、中坊進二が見つけたものとして
「うたごえ喫茶」というものがあります。
参加者全員で一緒に歌うイベントのようです。
おそらく、多くの方が「どの辺が喫茶店なの?」
疑問に思うかもしれませんね。
一応、ケーキとコーヒーが出ますが、
基本的には歌謡に参加するイベントになります。
そして場所は、ホテルの中です。
そろそろ「喫茶店」「カフェ」の用語が、
ゲシュタルト崩壊を起こしそうです。
中坊進二はもう、そういうものだと受け入れるようにしています。



この「うたごえ喫茶」は年に2回のペースで開催しているとのこと。
そもそも「うたごえ喫茶」は昔からあった用語で、
1955年頃からブームを巻き起こしていました。
その名の通り、客全員が歌うための喫茶店になります。
しかし、1970年に衰退の一途を辿ることに。
まだ中坊進二は、生まれてもいません。

その頃からカラオケボックスが登場し始めましたので、
そっちにお客がシフトしたのかもと中坊進二は推測しています。
ついでに言うと、客の回転率が極端に悪かったので、
経営不振の店舗が続出した可能性があります。



それゆえ、今の「うたごえ喫茶」は期間限定なことが多いです。
今回のホテルで開催されたように、一部の場所を貸し切って、
時間も限定して歌謡イベントが開かれます。
年配者に割と人気で、コアなファンが何人も居るみたいですよ。
とりあえず、「うたごえ喫茶」は喫茶店というよりも、
コンサートのような形式だと思った方が良いかもしれません。

中坊進二が調べたところ、ホテルで開催されたもの以外としては、
区市町村の文化センターや公民館で
定期的に開いているところも多いようです。
特にお年寄りが多い地区においては、
誰かとお話が出来るいい機会ということで
より積極的に開催しているとのこと。
こういうイベントが増えれば増えるほど、
お年寄りが元気になって地域が活性化すると中坊進二は考えています。



「うたごえ喫茶」ではドリンク(場所によってはちょっとしたお茶菓子も)が
支給されますので、どちらかと言ったら、
ディスコやクラブハウスと言った方が良いかもしれませんね。
中坊進二はパラパラしか分かりませんが、
その時代の人たちにとっては「うたごえ喫茶」は
今でもブームなのではないでしょうか。
新しいものがどんどん増えてきている時代の中で、
こういった古き良きものも残していきたいと思っているのは
中坊進二だけではないと思います。