アレルギーに関する諸注意を中坊進二がお答えします


アレルギーは適切に対処するのが大事です。
根性で何とかしたくなりますが、
世の中根性だけではどうにもならないのです。
パソコンだって叩いても直りませんよね。
むしろ、余計に壊れるだけです。
人間の身体はデリケートなので、
適切な治療や予防をするのが重要だと、中坊進二は説きます。



中坊進二が最近見つけたサイトに
「東京都アレルギー情報navi.」というのがあります。
アレルギーに関する基礎知識や対応・対策が載っていますので、
興味のない方でも是非閲覧してください。
というのも、アレルギーは命に関わることが多いからです。
卵アレルギーや牛乳アレルギー、
蕎麦アレルギー、大豆アレルギーなど色々ありますよね。
誤って食べてしまった場合、
適切に対処しないと症状が悪化してしまいます。
基本的には吐かせますが、
直ぐに医者に相談することも忘れないでください。
何もなくても、最低1時間は見守りましょう。
ところで大豆は、表示義務がないことをご存知でしたか?
中坊進二も今さっき知りました。
必ず表示しなければいけない7品目と、
できれば表示して欲しい20品目があり、大豆は後者になります。
大豆アレルギーの方は徹底的に注意するようお願いします。



中坊進二は特にアレルギーはありません。
卵もミルクも大豆も花粉も普通に中坊進二はOKです。
でも、シックハウス症候群となる
ホルムアルデヒドは苦手ですが・・・これは普通に皆さん苦手ですよね?
しかし世の中には変わったアレルギーがあります。
水アレルギーや紫外線アレルギーの方は、
どうやって生きているのか中坊進二はかなり気になっています。
木材アレルギーやプラスチックアレルギー、
砂アレルギーの方には生きにくい世界ですよね。

アレルギー反応は、プラシーボ効果だと思っています。
なので、根性さえあれば何とかなると中坊進二は思っています。
ただし、根性を発揮しないといけないのは、
アレルギー反応を起こしている各細胞です。
脳でしたら本人の頑張り次第で何とかなりますが、
細胞ひとつひとつが今この瞬間だけ頑張るのはかなり難しいと言えます。
各細胞はシステムに従ってそれぞれが役割を果たしていますので、
根性を発揮するといった例外はやってくれないのです。
なので、アレルギー反応が起きてしまったら、
普通に治療を受けるようにしましょう。



昔の方はなんでもかんでも根性で治せると思っていますが、
全ての人が根性を持っているとは限りません。
根性を発揮する前に、命の方が先に尽きることは決して珍しくありません。
アレルギーの存在はどうにもなりませんので、
しっかりと適切な方法で対処するようにしましょう。
中坊進二とのお約束ですよ。